投稿受付中&ポタバイク通信公開中

POTA BIKE ハンドルセンターポーチ(BROMPTON用)

POTA BIKE(ポタバイク)ハンドルセンターポーチの写真

ハンドルセンターポーチ』は、

折りたたみ小径車ブロンプトン用ドリンクホルダーポーチ

ブロンプトンのために作った専用設計で、ブロンプトンのハンドル中央にぴったり装着できます。

これ1つでボトルケージドリンクホルダーとしても小物入れとしても使える便利グッズです。

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真


こんな時にオススメです
  • ブロンプトンにぴったりのドリンクホルダー」を探している
  • 折り畳み時にもじゃまにならないボトルケージ」がほしい時
  • ちょっとした小物の収納スペース」がほしい時
  • ブロンプトンの使い勝手をアップ」させたい時
  • 費用対効果抜群のプチカスタム」をしたい時
MEMO

『ハンドルセンターポーチ』は2017年の発売以来、多くのユーザー様にご愛用・ご好評いただいています。

POTA BIKEブランドの創設前からご提供していて、以前はロゴ部分に別のマークを表示していました。

▼ その他の写真/説明 ▼

 

主な特長

ブロンプトンに便利な収納スペースをプラス

ハンドルセンターポーチを装着すれば、ブロンプトンに便利な収納スペースを追加できます。

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真

りん子

ハンドルから近いから中身の出し入れが容易なんです。

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真

「飲み物のボトル」を入れたり、「スマートフォン」や「モバイルバッテリー」を収納するなど、色々な使い方ができます。

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真

ブロンプトンに、ぴったりフィット【専用設計】

ハンドルセンターポーチは、ブロンプトンのハンドル&ステムに合わせて設計。

Mハンドル・Sハンドル・Pハンドル、いずれのタイプにも対応します。

Mタイプハンドルでの装着例

Mハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Mハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Sタイプハンドルでの装着例

Sハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Sハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Pタイプハンドルでの装着例

Pハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Pハンドルにハンドルセンターポーチを装着した写真

Mハンドル・Pハンドルのフラット部分の狭さにも配慮

ハンドルに固定するベルトの幅を限界までスリムにすることにより、ハンドル上のスペースが狭い「Mハンドル・Pハンドル」においても、

ライト・サイコンなど他のアクセサリーを装着するスペースが残るように配慮して設計しました。

ブロンプトンにハンドルセンターポーチを装着した写真

併用するアクセサリーが小型なら、ボトルの抜き差しにも干渉しません。

ぽたお

この「かゆい所に手が届く」かんじが、ブロンプトン専用設計のこだわりです。

ソフト素材だから折り畳み時もじゃまにならない

ハンドルセンターポーチの大きな特長の1つ、それは「ブロンプトンの折り畳み時にストレスにならない」ということ。

ハンドルセンターポーチが装着されたブロンプトンを折りたたんだ様子

通常のボトルケージの場合、車体から飛び出た部分が硬い突起となるため、じゃまになったり、折りたたみサイズがその分大きくなったりします。

でもハンドルセンターポーチなら大丈夫。柔軟性のあるソフト素材だからじゃまになりません。

通常のボトルケージ(硬い)とハンドルセンターポーチ(柔らかい)を並べた写真

力が加わればグニャンと変形するので、輪行バッグに収納する時も付けたままでOK

ハンドルセンターポーチはその「柔らかい」という特長により、装着したままブロンプトンを折り畳んで、輪行袋に収納できます。

りん子

いつも付けたままでOK。ブロンプトンを折り畳むたびに取り外す必要がないんです。

使い方・収納例

飲み物・ボトルを収納

飲み物のドリンクボトルを収納。ボトルケージのように使えます。

POTA BIKE ハンドルセンターポーチにサイクルボトルとペットボトルを収納した参考写真

「サイクルボトル」や「ペットボトル」がすっぽりと入ります。

小物入れとして使用時は、口を閉じることも可能

ハンドルセンターポーチの開口部は「ドローコード付きの巾着仕様」。

POTA BIKE ハンドルセンターポーチの開口部の巾着部分の写真

「小物入れ」として使うときには開口部を閉じることができるので、段差や転倒時にも中身が飛び出す心配はありません。

外側のメッシュポケットにも小物を収納可能

POTA BIKE ハンドルセンターポーチのメッシュポケットを写した写真

ハンドルセンターポーチの外側には「メッシュポケット」を装備。ここにも小物を収納できます。

ぽたお

実用性を重視しているため、見た目はそんなにカッコ良くないけれど、本当に便利なんだ!

取り付け方法

ハンドルセンターポーチは、面ファスナー付きのベルトで簡単に装着できます。

1. 上側のベルトをハンドルに留める

【上側の2箇所のベルト】をハンドルに巻き付けて固定します。

ブロンプトンのハンドルにベルトを固定する様子を示した写真

2. 下側のベルトをステムに留める

次に【下側のベルト】をステムに巻いて固定すれば、取り付けは完了です。

ブロンプトンのステムにベルトを固定する様子を示した写真

POINT
  • 上側のベルトは細く作ってあるので、ズレないように、きれいに重ねるように巻きつけます。
  • 面ファスナーが確実に接着するように、指でしっかりと押さえます。

仕様・寸法

サイズ・寸法

POTA BIKE ハンドルセンターポーチの寸法図

(数値は大まかな目安です。)

各部の作り・名称

POTA BIKE ハンドルセンターポーチの各部を説明する画像

素材・重量など

  • 本体やベルトの素材にはナイロン・ポリエステル等を使用。
  • 本体外側には丈夫なリップストップ生地を採用。
  • 取り付けベルトは面ファスナー仕様。
  • 重量:約70g
  • 防水仕様ではありません。

購入方法

POTA BIKEオリジナル商品『ハンドルセンターポーチ』は、下記のオンラインショップでご購入いただけます。

◎在庫がない場合は、別のカラーが表示されることがあります。

また、下記の自転車屋さんでは、店頭で実際に商品を見てご購入いただけます。

POTA BIKE製品の正規取扱店『和田サイクル』の店舗外観『和田サイクル』お店のご紹介(東京都) POTA BIKE製品の正規取扱店『サイクルショップ ナカゴヤ』の店舗外観『サイクルショップ ナカゴヤ』お店のご紹介(兵庫県)
ご注意
  • POTA BIKEの商品は「正規取扱店」でご購入ください。正規取扱店以外で販売されている場合は「転売品」や「中古品」「違法コピー品」等です、ご注意ください。

開発エピソード

きっかけ:ずっと欲しかった「折り畳み自転車のことを考えたドリンクホルダー」

折り畳み自転車の中には「ボトルケージを取り付けできない車種」や、ボトルケージをつけると「折り畳み時にじゃまになる車種」が数多くあります。

世界一有名な折り畳み自転車「BROMPTON」もそうでした。

そこで私たちは「ボトルケージとして使える」なおかつ「折り畳み時にじゃまにならない」というアイテムがほしいと考えました。

まずは個人的に模索・工夫することからスタート。市販のアウトドアグッズをアレコレ流用することで、ある程度は思い通りの使い方ができるようになりました。

しかし、やはり専用品ではないためスマートにはいかない部分が残る結果に…。

それなら「ちゃんと専用設計のアイテムを作ろう」。そう思い立ったのが2016年。それから試作・改良を重ねて、2017年春に完成しました。

「ハンドルセンターポーチ」の誕生には、そんなエピソードがありますよ。

POTA BIKEが最初に作ったアイテム

メーカー製品において「ブロンプトン専用設計のドリンクホルダーポーチ」は、おそらくこれが世界で最初のアイテムとなりました。私たちは「無かったから作った」のです。

ハンドルセンターポーチの発売後、その人気の後を追うように類似するアイテムが現れて、「ハンドルセンターポーチ」という名前を真似る製品も出てきています。

商品名だけでなく、POTA BIKEのハンドルセンターポーチの紹介文・説明画像などをコピーして、異なる商品の販売に不正利用する悪質な販売者も出てきています。

ハンドルセンターポーチは、私たちが最も初期に作り出したアイテムの1つです。発売以来、多くのユーザー様にご愛用いただいています。

ハンドルセンターポーチの誕生以来ずっと使い続けてくださるユーザー様がいるからこそ、私たちはオリジナルであることを主張して、大切にしていきたいと考えています。