投稿受付中&ポタバイク通信公開中

POTA BIKE ペットボトルカバー

「POTABIKEペットボトルカバー」を2つ並べた写真

POTA BIKE ペットボトルカバー』は、

自転車でペットボトルを携行する時に便利なアイテムです。

一般的な500mlペットボトルと組み合わせて使えます。

\使い方をチェック!/

2本のペットボトルにPOTABIKEのペットボトルカバーを装着して並べた様子

ペットボトルにこのカバーを装着すると、

サイクルボトル専用のボトルケージにペットボトルを収納できるようになります。

「POTABIKEペットボトルカバー」を装着したペットボトルが自転車のボトルケージに収納されている写真

ボトルケージにフィットする理由は?

さらに「飲み口キャップ」を付ければ、ペットボトルをサイクルボトルのように使えます

「POTABIKEペットボトルカバー」を装着したペットボトルが自転車のボトルケージに収納されている写真

「ペットボトルカバー」と「飲み口キャップ」のセットもご用意してみました。

普段はサイクルボトルを入れているボトルケージにペットボトルを収納したい時や、

サイクルボトルを使わない「ペットボトル派」の人に、ぜひご活用いただきたいアイテムです。


こんな時にオススメです
  • サイクリングの飲み物にペットボトルを持って行きたい
  • サイクルボトル専用のボトルケージにペットボトルを収納したい
  • ペットボトルをサイクルボトルみたいに便利に使いたい

▼ その他の写真/説明 ▼

 

商品コンセプト

「POTABIKEペットボトルカバー」と「TNIの飲み口キャップ」を並べた写真

自転車に乗る時に、サイクルボトルではなく「ペットボトル」を持って行くという人もいますよね。

とくにミニベロ・折りたたみ小径車に乗っている人や、お気軽な普段着スタイルで自転車を楽しんでいる人に「ペットボトル派」の人が多いように思います。

また、普段はサイクルボトルを入れているボトルケージに、ときどきペットボトルを収納したいという場合もあります。

そんな「自転車でペットボトルを携行する時」に便利なアイテムをお届けしたいと思い作ってみたのがこの「ペットボトルカバー」です。

「POTABIKEペットボトルカバー」と「TNIの飲み口キャップ」が装着されたペットボトルを手に持っている写真

さらに「飲み口キャップ」を組み合わせると、ペットボトルをサイクルボトルのように使えてより便利なので、「飲み口キャップとのセット」もご用意してみました。

自転車で出かける時の「持ち物」にプラスしていただくと、

ポタリング中のペットボトルでの水分補給がより快適になるかも?

ペットボトルカバーの特長・使い方

『POTA BIKEのペットボトルカバー』はとてもシンプルな便利グッズ

「POTABIKEペットボトルカバー」を2つ並べた写真

こんなふうに500mlのペットボトルにかぶせて使うアイテムです。

「POTABIKEペットボトルカバー」を装着したペットボトルを2本並べた写真

ペットボトルにかぶせると、ボトルケージにぴったりフィット

通常、500mlのペットボトルはサイクルボトルよりも細いので、

一般的な「サイクルボトル専用のボトルケージ」に入れるとフィットせず、ぐらついたり、走行中に段差などで飛び出してしまうリスクがあります。

サイクルボトル専用のボトルケージにペットボトルを入れると、サイズが合わずグラグラする様子

下向きの矢印

そんな時に、この「ペットボトルカバー」を使うと・・・

「POTABIKEペットボトルカバー」を装着したペットボトルが自転車のボトルケージに収納されている写真

ペットボトルにカバーをかぶせることで外径が太くなり、サイクルボトルとほぼ同じ太さになります

これにより、サイクルボトル専用のボトルケージでも、ペットボトルを正常にホールドできるようになりますよ。

りん子

サイクルボトル専用ケージにも、ペットボトルがぴったり収まります。
ボトルケージとのフィット感
ボトルケージとの「フィット感」や「抜き差しの硬さ」はペットボトルの形状やボトルケージの種類によって多少変わります。

組み合わせるペットボトルおよびボトルケージによっては、サイクルボトルよりも固定力がやや緩いと感じられることがあるので、キツめのフィット感をお好みの人は「組み合わせの相性」にご留意くださいね。

ネオプレン素材で、ほんの少し断熱性があります

POTA BIKEのペットボトルカバーは「ネオプレン生地」で作られています。

ウェットスーツなどに使われる素材で、わずかですが断熱性がありますよ。

「POTABIKEペットボトルカバー」の拡大写真

ペットボトルをそのままで持ち運ぶよりも、カバーを付けた時の方が飲み物の温度が変わりにくいので、

「飲み頃の温度が1分でも長く続くといいな」と思う人にとっては、わずかな断熱性にもメリットが感じられるかもしれません。

また、ペットボトルカバーを付けると結露しにくくなるので、ペットボトルをバッグ等に収納して持ち運ぶ時には「バッグや荷物が結露で濡れることが減る」というメリットがありますよ。

りん子

断熱性(保冷・保温効果)はごくわずかなものです。あまり大きな効果を期待しないでくださいね。

「スッポ抜け」しない形状&ジッパー

このペットボトルカバーは、ボトルにフィットする先細り形状を採用。

ペットボトルを包み込んで、さらにジッパーを閉じるという作りになっています。

「POTABIKEペットボトルカバー」の拡大写真

入り口が広くないので、慣れるまではちょっとボトルを入れにくいと感じるかもしれませんが、

先細り&ジッパーでしっかり固定する仕様により、

ボトルケージに抜き差しする時にカバーがスッポ抜けるようなことがありません

ぽたお

外れないようにしっかり装着できることは、大事なことですよね。

500mlペットボトル専用です

POTA BIKEのペットボトルカバーは、一般的な500mlのペットボトルに対応します。

500mlペットボトル専用であることを示した画像

ご注意
  • 500ml以外のペットボトルには対応していません。
  • 容量が500mlであっても一部の特殊な形状のボトルは上手く入らないことがあります。
  • 組み合わせるペットボトル飲料を購入される際には、ボトルの容量・形状にお気を付けください。

ぽたお

欲を言えば「どんなボトルにも使える汎用性」があるのが理想ですが、この製品では汎用性よりも「しっかり装着できる安全性・確実性」を重視しているということで、ご理解いただければと思います。

カラーは2色から選べます

カラーは、現在は「ブルー」と「ブラック」の2色をご用意しています。

飲み口キャップとの併用を推奨
ペットボトルカバーを装着した時、ボトルの形状によってはフタの開け閉めがしにくい(指がかかりにくい)と感じる場合があるので、

次の「飲み口キャップ」と一緒に使うのがオススメです。

【飲み口】TNIのペットボトル用キャップ

ペットボトルでの水分補給をよりスムーズにしてくれる「飲み口キャップ」。

「POTA BIKEのペットボトルカバー」とセットでご用意しているのは『TNIのペットボトル用キャップ』です。

「TNIの飲み口キャップ」の写真

このようにペットボトルのフタと置き換えて使用します。

「TNIの飲み口キャップ」を付けたペットボトルの写真

ワンタッチで開閉できる

このキャップを使うことで、ワンタッチで開閉できるようになります。

「TNIの飲み口キャップ」がワンタッチで開け閉めできることを示した写真

  • キャップを引っ張ると飲み物が飲める
  • キャップを押し込むと閉じる

という作りで、使い方は一般的なサイクルボトルやスポーツボトルの飲み口と同様です。

素早い水分補給が可能に

「飲み口キャップ」を使うことで、ペットボトルでの水分補給がよりスムーズにできるようになります。

「POTABIKEペットボトルカバー」と「TNIの飲み口キャップ」が装着されたペットボトルを手に持っている写真

開け閉めの度にフタをクルクル回す手間が省けるし、

取り外したフタを落とす心配もないので、

サイクルボトルのように素早い水分補給が可能になりますよ。

ペットボトルと組み合わせて使うと便利なアイテムです。

TNIの製品について
TNI』は幅広い自転車用品を取り扱う米国発のブランドで、日本では「トライスポーツ」様が正規取扱をされています。

POTA BIKEでは「ペットボトルカバー」と「TNIのペットボトル用キャップ」をバンドルしたセットもご用意しています。

【補足説明】飲み口キャップの使い方&注意点

TNIのペットボトル用キャップ』について補足説明をお伝えしておきますね。

1.はじめに上下のパーツを切り離す

開封時には、キャップの上下に下図の①②のパーツが付いています。

「TNIの飲み口キャップ」の上下に2つの部品が付いていることを示した写真

使用時には、①②ともに取り除いてからペットボトルに装着します。

「TNIの飲み口キャップ」から2つの部品を取り除くことを示した写真

なお、パーツ①②は手で切り離せるので、輸送過程等で最初から一部外れている場合がありますが不良ではないのでご安心ください。

  • パーツ①は、輸送や店頭陳列の際に飲み口の破損・汚損を防ぐための「保護パーツ」です。使用時に飲み口をカバーするものではないので、付けたまま走行すると落下・紛失する恐れがあります。必ず取り外して使用してください。
  • パーツ②は、通常のペットボトルでフタを外した時にボトル上部に残るリングと同様のものです。つまり、リングが付いているボトルに取り付ける際には不要なパーツです。取り除かないとリングが2つ重なってしまいキャップを最後まで締めることができません。必ず取り外して使用してください。

2.取り付け&開け閉めは確実に行う

取り付け時には、飲み物が漏れないように、しっかりと締めること、

そして、飲み口の開け閉めは確実に、飲んだ後はしっかり閉じるようにしましょう。

飲み口キャップの取り付け時にしっかり締めることと、飲んだ後は確実に閉じることを示した写真

備考・注意点
  • 上記1・2の使い方が守られていない場合、飲み物が漏れることがあります。
  • フタ部分のネジ形状が通常とは異なるボトルには取り付けできません。
  • 開け閉めを容易にする構造上、通常の「ねじ込み式のフタ」よりも密閉性・耐圧性が低い傾向があります。あらかじめご留意ください。
  • ボトルを横倒しで長時間置いたり、ボトルに圧力を加えると、飲み物がポタポタと染み出ることがあるのでお気を付けください。
  • 炭酸飲料:炭酸ガスによる内圧によってキャップからの漏れや吹き出しの恐れがあるため、炭酸飲料との組み合わせは非推奨です。
  • 飲み口キャップは消耗品です。洗って繰り返し使用できますが、ご使用にともなう傷みが生じた時点で使い捨てるものです。(3個セット)

ペットボトルカバーの仕様・寸法

サイズ・寸法

「POTABIKEペットボトルカバー」のサイズ感・平置き寸法を表示した画像

500mlペットボトル専用です

POTA BIKEのペットボトルカバーは、一般的な500mlのペットボトルに対応します。

  • 500ml以外のペットボトルには対応していません。
  • 容量が500mlであっても一部の特殊な形状のボトルは上手く入らないことがあります。
  • 組み合わせるペットボトル飲料を購入される際には、ボトルの容量・形状にお気を付けください。

素材・重量など

  • 主な素材:ネオプレン生地
  • 重量:約45g

その他の参考用画像

「POTA BIKEのペットボトルカバー」および「TNIのペットボトル用キャップ」の使用イメージ写真です。

「POTABIKEペットボトルカバー」と「TNIの飲み口キャップ」を装着したペットボトルが自転車のボトルケージに収納されている写真

「POTABIKEペットボトルカバー」と「TNIの飲み口キャップ」を装着したペットボトルが自転車のボトルケージに収納されている写真

購入方法

『POTA BIKEのペットボトルカバー』は、

下記のオンラインショップでご購入いただけます。

◎在庫がない場合は、別のカラーが表示されることがあります。

ご注意
  • POTA BIKEの商品は「正規取扱店」でご購入ください。正規取扱店以外で販売されている場合は「転売品」や「中古品」「違法コピー品」等です、ご注意ください。
  • TNIのペットボトル用キャップ(単品)はさまざまな販売者が取り扱っています。