お知らせ|ポタバイク通信 公開中

POTA BIKE シンプルフロントバッグ for ミニベロ

POTA BIKE シンプルフロントバッグの画像

『シンプルフロントバッグ for ミニベロ』は、

ミニベロ・折りたたみ自転車向けのフロントバッグ

ハンドルに装着することができ、ショルダーバッグとしても使えます。

シンプル・軽量なタイプです。

POTA BIKE シンプルフロントバッグのイメージ写真

POTA BIKE シンプルフロントバッグを自転車に装着した写真

▼ その他の写真/説明 ▼

 

主な特徴

ミニベロ・折りたたみ自転車に対応

このフロントバッグは、ミニベロ・折りたたみ小径車などハンドル下のスペースが広い自転車に対応します。

POTA BIKE シンプルフロントバッグを自転車に装着した写真

収納容量は約2リットル。例えば、お財布・スマホ・カメラ・補給食・パンク修理道具などの収納に便利です。

POTA BIKE フロントバッグを自転車に装着した写真

アクセスしやすいハンドル付近に荷物を収納できるので、リュックやサドルバッグよりも荷物の出し入れが容易なのがポイントです。

こんな自転車に装着できます
  • ハンドル下~タイヤの間に十分なスペース(目安:25cm以上)がある自転車
  • バッグを装着する部分にブレーキレバーやケーブル類等が干渉しない自転車

ライトやサイコン等と併用できる

ハンドルより上に飛び出さないから、ライトやサイコンなどハンドル設置型のアクセサリーと併用することもできます。

自転車のハンドルにライトとフロントバッグを同時に装着した写真

ショルダーバッグとしても使える

ショルダーストラップが付いているので、自転車から外すとショルダーバッグとしても使えます

バッグに付いているショルダーストラップの写真

例えば「自転車を離れる時」や「輪行する時」に、バッグを肩にかけて移動できるので便利です。

ショルダーストラップはバッグと一体式(取り外せない仕様)で、使わない時はバッグの中に収納できます。

ショルダーストラップをバッグの中に収納する様子

ワイドなリフレクターで夜間視認性アップ

バッグ前面にリフレクターを設置。夕方・夜間の視認性アップが期待できます。

リフレクターが光っている様子

小さなピンポイントではなく、なるべく大きくワイドなリフレクターとすることで、たしかな視認性アップを図りました。

ベルトだけで装着でき、工具や専用パーツは不要

ベルトだけで装着できるシンプル設計で、着脱に工具やアタッチメントは不要です。

バッグの背面の写真、3箇所にベルトが付属している

バッグ背面の3箇所に自転車に装着するベルトが付属します。

  • 【ハンドル固定ベルト】は、ユーザーの要望に応えてバッグから取り外し可能に。ショルダーバッグとして使用時には取り外すとじゃまになりません。
  • 【補助ベルト】が背面下部に付属。この補助ベルトにも反射材を付けることで、側方~斜め後方からの夜間視認性アップに寄与します。

バッグの質感と収納例

エコバッグの様に柔らかく、荷物を詰め込みやすい

バッグ本体には軽くて切り裂きに強いリップストップ生地を採用。丈夫な割に薄く・柔らかいので、荷物の量や形に柔軟にフィットします。

バッグが空の状態と、荷物を入れて膨らんだ状態を並べた写真左:空っぽの状態/右:荷物で膨らんだ状態

りん子

エコバッグのような軽さ・柔らかさをイメージしてみてください。

柔らかいので「シワ」や「型くずれ」も起きやすいですが…、それ以上に「荷物を詰め込みやすい」というメリットがあり、容量いっぱいまでギュギュッと詰め込むことができます。

バッグに荷物を詰め込んだ様子

荷物をいっぱいに詰め込んだ例

容量は約2リットルで、重さ1.5kg程度までの荷物を収納できます。

収納例:バッグに小物を収納する例

内ポケットもあります

バッグ内側には「ファスナー付きのポケット」があるので、小物を分けて入れることができます。

ファスナー付きの内ポケットの写真

重さはたったの「約160g」

バッグの重さは約160グラム。容量2リットルクラスのフロントバッグとしては超軽量です。

使用時には「荷物の重さ」が加わりますが、バッグ自体が軽いため、バッグを使用することによる重量アップを最小限に抑えることができます。

ぽたお

自転車に装着するアイテムにおいて「軽さ」は1つの魅力です。バッグも軽いと良いですよね。

サイズ・寸法

サイズ・寸法は下図の通りです。

サイズ・寸法図(数値は大まかな目安です。)

参考:A5サイズの本が入ります

りん子

「A4サイズ」は入りませんが…、「A5サイズ」なら収納できます!

A5サイズの本などが収納できることを示した写真

「A5サイズ」=A4を半分に折ったサイズです。大きさをイメージするご参考までに。

A5サイズの本などが収納できることを示した写真

参考:A5サイズ=210×148mm

取り付け方法

1. ハンドルにベルトを固定

ハンドルに2箇所のベルトを固定します。

ハンドルに2箇所のベルトでバッグを取り付ける様子

ベルトは面ファスナー(マジックテープ)仕様で、固定力の強い「3重タイプ」。

オス→メス→オスの順に重ねて巻くことで、ベルト同士がしっかりと固定されます。

りん子

バッグを着脱する時はショルダーストラップを肩にかけておくと両手が使えるため作業しやすくなりますよ。

2. 補助ベルトを巻きつける

背面下部の【補助ベルト】をお好みの位置に巻いて留めます。

バッグ背面の補助ベルトを自転車に巻きつける様子

ベルトを固定できる位置は車種によって異なります。

「ステム」や「ケーブル」など、任意の位置に巻いてください。

ベルトの長さが余る場合は、ベルト通しに1~2回巻きつけると調節できます。

ぽたお

補助ベルトの役割は「バッグの揺れを抑えて安定させること」なので、キツく留める必要はありません。

装着に必要なスペースを確認

このフロントバッグを装着するためには、自転車のハンドル下~タイヤの間に十分なスペース(目安:25cm以上)が必要です。

ハンドル下に25cmのスペースが必要であることを示したイラスト

◎ご購入前に装着予定の自転車をご確認ください。

※取り付けスペースが不足している自転車に装着するとバッグとタイヤが接触します。

その他のチェックポイント
  • バッグを装着する部分に「ブレーキレバーやケーブル等が干渉する自転車」や「ハンドルがまっすぐではなくカーブしている自転車」では、装着が難しい場合や、装着に工夫が必要になることがあります。
  • フラップ(ふた部分)を開け閉めする範囲にブレーキケーブル等がある場合、開け閉めのじゃまになることがあります。
  • 「ステムの突き出しがある車種」ではハンドルの前側に、「ステムの突き出しがない車種」ではハンドルの後側にも装着できます。

ぽたお

個々の車種との相性はハンドル周りの仕様・形状によるので、装着予定の自転車をご確認くださいね。

主な仕様/機能・付属品等

◎サイズ・寸法は「サイズ・寸法の項」で説明。

  • 収納容量:約2リットル
  • 製品重量:約160g(ベルト等含む)
  • 推奨積載重量:1.5kgまで
  • 素材:ナイロン・ポリエステル等、表面にリップストップ生地を採用
  • 防水性:非防水、晴天・日常使用向け
  • その他:フラップ(ふた部分)・取付けベルトは面ファスナー仕様
  • 自転車に取付けるベルト:付属、ハンドル固定ベルト×2、補助ベルト×1
  • ショルダーストラップ:あり、本体と一体式、バッグ内に収納可
  • 内ポケット:あり、ファスナー付き
  • リフレクター:あり、再帰反射素材を使用
  • 面ファスナー(マジックテープ)を使用している箇所にタオルや衣類などが触れると傷めることがあるのでお気を付けください。
  • 記載重量は実測平均値です。計測環境・仕様変更などにより多少異なる場合があります。
  • バッグには柔軟性があるため形状・寸法は一定ではありません。記載数値は変形や誤差を含む大まかな目安とお考え下さい。
  • 写真から感じられる色味や印象は、表示環境により多少異なることがあります。
  • 製品改良のために仕様を変更することがあります。

カラーラインナップ

『POTA BIKE シンプルフロントバッグ for ミニベロ』には以下のカラーがあります。

ご注意
  • POTA BIKEの商品は「正規取扱店」でご購入ください。正規取扱店以外で販売されている場合は「転売品」や「中古品」「違法コピー品」等です、ご注意ください。

姉妹製品のご案内

『POTA BIKE シンプルフロントバッグ』には、姉妹製品として【セミハードタイプ】もあります。

POTA BIKE セミハードフロントバッグのイメージ写真

セミハードタイプ

「型くずれしにくい硬めのバッグがほしい」
「しっかりした箱みたいなバッグもいいな」

という声にお応えしてご用意しました。

ぽたお

シンプル&セミハード、2つのタイプの見た目はほぼ同じですが、その作りや使用感はずいぶん違います。

りん子

あなたの用途やお好みにマッチするタイプをお選びいただければと思います。